通信費の知恵袋Q&A

携帯キャリアやネット回線・プロバイダを全部統一すると大幅節約に

更新日:

今では携帯をはじめ自宅でのインターネット回線の利用料など、毎月かかるトータルの通信費はかなりの額になります。
この通信費について頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
そこで通信費を抑える方法として携帯キャリアやネット回線、プロバイダを統一する方法があります。

たとえばソフトバンクのスマホを利用しているとうい方の場合、インターネット回線やプロバイダもすべてソフトバンクにしてしまうわけです。
こうすることによって大幅な節約が見込めるのですがそれはどうしてなのでしょう。
その理由はセット割引の存在です。




最近では各通信事業者が顧客を確保するために、魅力的なサービスを次々展開していますがその1つとしてセット割引が増えてきました。
これは携帯をはじめインターネット回線やプロバイダを同じ会社で統一していると、それだけで毎月の利用料が割引になるというサービスです。

統一することが条件なので特に複雑なことはありませんし、難しいこともないので誰でもすぐにできて節約効果も大きくなります。

携帯のキャリアはソフトバンク、ネット回線やプロバイダは別な会社という場合、基本的にはネット回線とプロバイダを携帯キャリアに合わせることになるでしょう。
このケースならすべてをソフトバンクに統一する形です。

統一することでソフトバンクが提供しているセット割引を適用することが可能になり毎月の利用料が安くなる仕組みです。
特別な事情があるなどでどうしても統一できない場合は仕方ありませんが、そのようなケースはあまりないと思いますので、料金を抑えることを重視するなら統一は非常に良い方法になります。

別なキャリアやプロバイダに変える際には、解約料が発生する可能性がありますがキャリアを統一する際にその会社がキャッシュバックなどの形で実質的に解約料を負担してくれることもあります。
必ずしもこの対応をしてくれるわけではありませんが、もししてくれるならさらに初期費用を抑えながら毎月の利用料を節約できることになります。
解約料を支払うことになっても毎月の利用料が安くなれば一定期間でもとはとれますので損ということはありません。
いずれにしても統一することには大きなメリットがあり、逆に統一しないでいる必要性はほとんどないのが現状です。

携帯電話と自宅でのネット回線を同時に利用するのが当たり前になった現在では利用料をどう安くするかが大切です。
統一することでセット割引を適用するなどして無駄を減らしていくように心がけましょう。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.