通信費の知恵袋Q&A

一万円台で購入できる低価格スマホ本体の性能をチェック

更新日:

スマホと言えば本体価格が非常に高いものでしたが、SIMフリースマホに代表される格安スマホの登場によって変わってきました。

今では1万円台で買えるスマホもあるのですがこれだけ安いと性能面が気になるという方もいるでしょう。

格安スマホは性能面でどうなのかを見ていきます。

たとえばHUAWEIというメーカーが販売しているHUAWEI Y6は1万円台で買えるスマホの代表的な機種です。

5.0型HD液晶を搭載しているモデルでCPUは1.1GHzの4コアとなっています。

画面の大きさも特に問題なく、CPUに関してもごく普通の使い方をしていれば、不満を感じることはないだろう性能にまとまっている優れた機種です。

もちろん1万円台という格安スマホですから大手キャリアが販売しているようなスマホと比較すれば性能は落ちるのですがスマホで無料通話アプリや動画閲覧アプリを使用する程度なら十分な性能です。

コストパーフォーマンスを考えれば優秀でしょう。

カメラ機能も当然ですが付いているので写真や動画の撮影も可能です。

スマホをどのような目的で使うかにもよりますが一般的な使い方をするなら実はそれほどの性能は必要ないのです。

ZenFoneGoも1万円台で買えるスマホとして人気を集めています。

マイネオや楽天モバイル、UQモバイルでとり扱っていますね。

5.5型の大画面で見やすく、格安スマホとしては性能面も高めとなっているのが特徴です。

オンラインストレージサービスであるグーグルドライブの100GBスペースを2年間利用できる特典も付いてくるためスマホ本体の容量不足の不安も解消されます。

こちらのスマホもやはり一般的なアプリはすべて問題なく動作しますし、カメラの性能やバッテリー性能も問題ないのでスマホを初めて買うという方やスマホ利用にかかる費用を抑えたい方におすすめです。

1万円台後半の価格なので、本体価格は少し高めと感じるかもしれませんがその分だけしっかり性能が上がっています。

この他にも1万円台の格安スマホは増えてきておりどれも使いやすい機種が揃っています。

iPhoneなどのスマホだと本体価格が10万円以上になってしまうことも多いので、1万円台で普通に使えるスマホが手に入ることは大きな魅力になるでしょう。

多くの機種が出てきたことで選択肢の幅も広くなり、見た目や性能なので自分の好みに合わせて機種選びをすることも可能になってきました。

格安スマホというと性能が低くて使いづらいというイメージの方も多いと思うのですが、そうした問題点は解消されつつあります。

たくさんのアプリを同時に動かす、本格的なゲームをプレイしたい、そういうことでもない限り格安スマホは料金を抑えるうえでとても役立ちます。

auからの乗り換えならマイネオ、ドコモからの乗り換えなら楽天モバイルがおすすめです。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.