通信費の知恵袋Q&A

通話が多い人が覚えておきたい電話かけ放題のプラン活用方法

更新日:

電話をかける機会が多い人にとって通話料はとても気になるものです。
最近では各キャリアが定額制のかけ放題プランを提供していますのでこちらを選べば毎月一定の料金で好きなだけ電話をかけられるようになりました。
今回はこのかけ放題プランの活用方法について考えてみます。

まずやっておきたいのが各通信会社の提供しているかけ放題プランの料金のチェックです。
同じかけ放題プランでも各社によって料金は違い、同じような内容の契約でもあそこは高め、こっちは安いなどの差が生まれます。

たとえばA社は毎月5,000円でかけ放題、B社は毎月7,000円でかけ放題だとしたら2,000円の差ということになり1年で24,000円という大きな差になります。
このようにかけ放題プランならなんでもいいというわけではなく、できれば料金の違いもしっかり比較して契約するプランを選びたいところです。





すでに携帯電話を利用している場合、別キャリアに移る必要も出てきますがその手間をかけるだけの節約効果は見込めます。
特に最近は格安スマホでもかけ放題プランが登場してきており、スマホ本体の料金を安くしつつ電話はかけ放題というスタイルも可能です。

次にそもそもとしてどのくらい電話を使うとかけ放題プランが有効なのかを見てみましょう。
かけ放題プランは通話料が無料になりますが、定額制なので毎月決まった額を支払うことになります。
単純に毎月の通話料がかけ放題プランの料金よりも安くなるようならかけ放題プランは不要ですし、逆に通話料の方が高くなるならかけ放題プランの方がお得になります。

通話料もかけ放題プランの料金も各キャリアで違うので一概には言えませんが、おおよその目安として毎月1時間以上電話をする方はかけ放題プランの方がお得です。
毎月1時間以上の電話をするかどうか、これを参考基準とするのがいいでしょう。
2時間、3時間と長時間の電話を毎月使う方は迷うことなくかけ放題プランにするべきです。

先程も少し触れましたが格安スマホとかけ放題プランを組み合わせるのも良い方法です。
かけ放題プランのある格安スマホを選べば通話料を気にせずに電話が使え、しかもスマホの料金も安く抑えられます。

もし電話専用で良いのであれば、電話機能だけを使える格安スマホを選んでさらに費用を抑えることも不可能ではありません。
このあたりはスマホをどう使うかがポイントになりますので、自分のスタイルを改めて考え、最適なスマホを選べるようにしておきましょう。

電話をよく使う方にとってかけ放題プランはほぼ必須と言えます。
だからこそ有効に活用できるよう考えることが大切です。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.