通信費の知恵袋Q&A

格安SIMへの乗り換え時に今のスマホを流用して節約しよう

更新日:

格安SIMに乗り換える時は節約のためにも今使っているスマホをそのまま流用してしまいましょう。
格安SIMにするからといってスマホ本体まで新しいものを購入する必要はありません。
本体を購入すると高額の費用が必要になるので注意してください。

格安SIMとはスマホを利用するために必要なSIMカードを格安で購入し利用することを言います。
通常、SIMカードはキャリアからスマホを購入した時点で一緒に付属されているのですがSIMカードだけを購入することも可能で中には格安なものもあります。
こうしたSIMカードを格安SIMと呼び、通信費を下げる手段の1つとして人気を集めています。
現在使っているスマホをそのまま流用すれば本体を買い替える費用はかかりませんし、新しく購入するSIMカードも格安で毎月の利用料も下げることが可能です。
環境を大きく変えることなく利用料を抑えられるのはユーザーにとっては大きなメリットになるでしょう。




格安SIMを今使っているスマホに流用するために必要な作業はとても簡単です。
スマホに元々入っていたSIMカードを取り出し、新たに購入した格安SIMを差し込むだけで完了です。
あっという間に終わる作業ですし、特に難しいこともないのでトラブルなく作業は終わらせられるでしょう。
ただし格安SIMを使う場合はキャリアにその旨を伝えて解約、もしくはMNPの手続きをしなければなりません。
格安SIMの購入を決めたらまずはキャリアのショップでいずれかの手続きを済ませておきましょう。

注意点として、iPhoneなどの一部端末はSIMロックがかけられていて契約したキャリアでしか使えないようになっています。
つまり格安SIMが使えない状態です。
ドコモのiPhoneを利用している場合、ドコモ回線を利用した格安SIMを使うことで、SIMフリー化させることができるのでまだいいのですが、auやソフトバンク回線を使用した格安SIMはほとんどないです。
現在のところSIMロックされたスマホを流用して格安SIMを使えるのは実質ドコモのスマホだけとなっています。
将来的にこの状況は改善されると予想されますが今のところは一部の機種では格安SIMの流用が難しい現状です。

格安SIMの利点を最大限に活かすには現在使っているスマホを流用するのが理想的です。
機種によって難しい場合もありますが可能なら流用して少しでも費用を節約するようにしましょう。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.