通信費の知恵袋Q&A

ブラウザを変えるだけで通信量を大幅に減らすテクニック

更新日:

通信量を減らすテクニックの1つとして使っているブラウザを変える方法があります。
なぜブラウザを変えるだけで通信量が節約できるのか、この仕組みについて詳しく見ていきましょう。

スマホのデータ通信量は契約プランによって上限が決められており、その上限を超えると速度規制がかけられます。
経験のある方ならご存知だと思いますが、速度規制がかかると一般的なホームページを見るだけでも読み込みに長時間かかるようになり、動画の視聴などはほぼ不可能になります。

ネットを頻繁に使う方は毎月速度規制がかけられないように色々と工夫をしていると思いますが、意外と知られていないテクニックがブラウザの変更なのです。

ブラウザとはwebサイトなどを閲覧するためのアプリのことで、iPhoneならSafariというブラウザが標準でインストールされています。
そのままSafariを普段から使っているという方も多いはずです。
このブラウザを他のアプリに変えることで通信量の節約が可能なのです。




スマホに標準でインストールされているブラウザ以外にも多くのブラウザが無料で配信されています。
そんなブラウザの中にはネット接続した時のデータを圧縮し容量を小さくすることで通信量を減らすように工夫されているものもあります。
こうしたブラウザを利用することで同じwebサイトを閲覧するのでも通信量を大幅に減らすことが可能なのです。

通信量が減れば速度規制がかけられる可能性も減りますから、今まで以上に快適に、そしてデータ容量を気にせずにネットを楽しめるようになります。
無料のアプリならお金もかかりませんし、ブラウザをインストールしてそれを使うだけなので特に難しいこともありません。

最初からインストールされているブラウザは使いづらいことも多いため利便性の面でも新しいブラウザをインストールすることには価値があります。
パソコンでもネットを楽しんでいる場合、パソコンとスマホのブラウザを同期して情報の共有ができるものも存在します。
通信量を減らしつつネットをより使いやすくできるのです。
速度規制はスマホを使ううえでとても厄介なものですが、ブラウザを変えることでネットの接続時間を減らさなくても通信量を節約できます。

どのブラウザが使いやすいかは人によって違ってくるので、無料のものを中心に色々と試してみましょう。
そうすれば理想のブラウザが見つかって今まで以上に無駄なくネット接続が行えます。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.