通信費の知恵袋Q&A

スマホアプリの不要な通信を選んで停止する方法について

更新日:

スマホアプリには使っていない時でも通信を行っているものがあります。
こうしたアプリの中から不要な通信を停止させることで通信量の節約をして速度規制の予防が可能です。
どうすれば通信を停止させられるのかを紹介します。

まずiPhoneユーザーの場合ですが、設定から一般項目の中にあるモバイルデータ通信を選択しタップします。
するとモバイルデータ通信を利用しているアプリが一覧で表示されますので、まったく利用していないアプリや普段ほとんど使わないアプリなど通信が不要なアプリに関してはオフに設定しておきます。
これでオフにしたアプリが勝手に通信を行うことはなくなり通信量を無駄に使用することも防げます。

設定自体は非常に簡単でオンオフを切り替えるだけなので必要になった時はすぐにオンに戻せますし便利な方法です。

Androidユーザーの場合は設定画面を開いてデータ使用量を選択します。
データ通信を行ったアプリとそのデータ量が一覧表示されますので、特定のアプリを一覧から選択してバックグラウンドデータを制限という項目のチェックをオンにします。
これで無駄なデータ通信を制限することが可能です。
Androidの場合でも設定画面から簡単に通信を制限することができてやはり通信量の節約になります。




こうした方法による通信量の節約はスマホの使い方によってはそれほど大きな効果が得られない可能性もあります。
特にインストールしているアプリが少なく、そもそもデータ通信があまり行われていない場合は節約できる通信量もそれほど大きくはなりません。

しかし多くのアプリをインストールしていて自分がアプリを使っていない時でも、通信が頻繁に行われている場合はこの方法を試すことで大きな節約につながります。
気を付けているはずなのに妙に通信量が多いと感じる時は、不要アプリの通信を停止してみましょう。

劇的な効果を得られることもあり、毎月悩まされていた速度規制の問題から開放されるかもしれません。
もしこの方法で毎月のデータ使用量が大幅に減ればデータ容量の契約プランを見直せることもあるかもしれないですし、そうなれば通信量だけでなく通信費も節約できます。

簡単な方法で行える設定でありながらこのテクニックはあまり知られていないように思います。
たしかに普段あまり気にしない部分の設定ではありますが、通信量の節約においては非常に重要な要素になっているので、まずは自分のスマホの設定画面から一覧を見てみましょう。

-通信費の知恵袋Q&A

Copyright© 通信費節約の部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.